母が笑顔でいられるには

 

お母さんが笑顔でいることが大切です。というようなことは母親教室でも、出産後に小児科医の先生からも教えていただきました。

母が笑顔というのは、安定感のある家庭環境だったり、母親の情緒も安定して健康であるという事なのでしょう。それは大切だとわかります。

そうはいっても、子育て中は寝不足とか家事労働の多さにへとへとです。

そこで、

・母親の仕事を減らす

次に

・夫が家事育児を手伝わなくてもイライラしない対策

この2つで少し楽になるのかなと思います。。

まず手の込んだ食事はやめましょう。

 

1 ふりかけ

2 しらす

3 牛乳

4 ヨーグルト

5 納豆

6 ナッツ類

7 コーンフレーク

8 梅干し

9 塩昆布

10 海苔

11 チーズ

12 お魚ソーセージ

13 バナナ

14 鮭フレーク

15 豆腐

 

など調理しないで済む万能食品のフル活用です。。

これに加えてブルーベリー、うどん、お餅、パン、餃子、ハンバーグ、からあげ、干物などが冷凍庫にストックされています。電子レンジで温めたり、焼くだけでいい夕飯にもなるおかずもあります。体力がない時に利用します。

 

家事育児を手伝わない夫の事は、ボランティアで夜だけ来て下さる警備員と思うことにしています。お礼に夕食を提供します。そう思えば有難いです。頭にくるときはそういうことにします。いろいろなニックネームがあります。

子どもの前でけんかするよりはずっとましです。

 

女性の体は、若いころは気づきませんでしたがすごくデリケートです。ちょっとした変化、ストレス、家事育児がハードになるときなど、すぐ体に影響していきます。イライラするときはもう疲労困憊なのです。

体力を消耗しすぎないよう、頑張りすぎないように気を付けましょうね。