17. 中学受験と離婚……と年金

この2つのがどう結びつくのかと違和感を感じるかもしれません。

 

子の受験が引き金になって離婚に向けて動き出した友人が何人かいます。

もともと夫は乗り気でない中学受験に、妻が熱心に取り組み、予想外に教育費がかさみました。夫の定年退職が近くなり、貯蓄がない現実に直面し、私立中学高校の費用が余計だったと夫が妻に不満を何度もぶつけるようになる。このような流れです。

ケチな男だったと妻である友人も不満を漏らし、別居になりました。

 

中学受験を通して、夫婦間の価値観の相違が露呈していくという状況です。

どちらも悪くないですし、切ないです、、。

 

余談ですが、FPの私としては、50代以降の離婚については、籍はそのままに家庭内別居、または別居を推奨しています。

 

女性の方が平均寿命は長いですし、仮に夫に先立たれて遺族年金をいただくことと、離婚で年金分割とでは、妻の受け取る年金に大きな差がでます。

老後のお金は、長く生きする場合が特に心配なんです。親の老後の資金不足は子にとっても心配になるでしょう。

私のケースでは、夫に先立たれ遺族年金を受け取る場合、厚生年金加入の夫と離婚して受け取る年金のおよそ1.5倍になります。しかも遺族年金は非課税です。もし妻側の自分の年金と遺族年金を選択する場合、同額であれば必ず遺族年金を選択なさってください。

また夫側も妻に先立たれた場合、年金分割されていないのであればご自身の年金は全額支給されます。